Airis Quaser✕CBDワックスの正しい使い方
学ぶ
2022年2月19日

Airis Quaser✕CBDワックスの正しい使い方

CBDワックスを吸引するためには、CBDワックス用のデバイスが必須です。

こちらのページでは、CBDワックス用のヴェポライザーとして人気の高いAiris Quaserの使い方について詳しく解説します。

非常にコンパクトで使い勝手の良いヴェポライザーですが、精密機械ですので取り扱いの注意点もあります。

正しい使い方をマスターして、安全にCBDワックスを楽しみましょう。

Airis Quaserの使い方

Airis Quaserの使い方

Airis Quaserは、ボタンが1つしかありません。全ての操作をこのボタン1つで行いますので、最初は難しく感じるかもしれません。

ですが、操作自体は慣れれば難しいことはありません。まずは、使い方の手順から詳しく見ていきましょう。

電源のオンオフは5回連続押しで操作します。使い始めと終わりには、この操作を行います。

電源がオンになっていると、パフボタンを押した時にLEDライトが点灯しますが、オフにすればボタンを押しても反応しなくなるので、電源が入っているか確認する際はこれで判断してください。

操作手順 パフボタン
1 電源オン 5回連続押し
2 CBDワックスを入れる
3 プレヒート機能作動 2回連続押し
4 吸引 ボタンを押しながら吸引
5 電源オフ 5回連続押し

ワックスを入れる際は、マウスピースに付属しているスプーンを使用し、周りのクリア部分にワックスが付かないように注意して入れます。

CBDワックスは非常に高濃度なので、付属のスプーンに少し乗せるくらいのごく少量から試してみましょう。

プレヒート機能というのは予熱のようなもの。その後の吸引をよりスムーズにしてくれる機能です。

プレヒート機能の2回連続押しをすると、10秒間ほどLEDライトがいろいろな色に変化し、それが消灯すれば吸引準備OKです。

プレヒート機能で温まったワックスを、パフボタンを押しながら気化して吸引します。ボタンから指を離したあとも残りの気化した蒸気を吸うと、無駄なく吸引できます。

吸い終わったら、電源オフにするのをお忘れなく。

Airis Quaserの温度設定のやり方

Airis Quaserの温度設定のやり方

Airis Quaserは、3段階の温度調節が可能です。

LEDライト 電圧
3.4V
3.7V
4.0V

CBDワックスは、一番低い緑の3.4VでOKです。電圧をアップすると、より強く気化しますが、その分アトマイザーの消耗も早くなりますので、吸いながらお好みで調節すると良いでしょう。

温度の切り替えは、パフボタンの操作で行います。

まず、バッテリーのパフボタンを5回連続押しで電源をオンにします。

あとは、3回連続でパフボタンを押すごとに、青→赤→緑といった順番に温度が切り替わりますので、お好みの点滅カラーに変わったら操作をストップします。

以降、電源をオンした際に、設定した温度のカラーでLEDライトが点灯します。

Airis Quaserはワックス用

Airis Quaserはワックス用

Airis Quaserはワックス用として販売されています。

パッケージには、

  • バッテリー
  • アトマイザー
  • 充電コード

の3点が同梱されています。

バッテリーというのが本体で、アトマイザーがCBDワックスを入れ加熱する部分になります。

充電コードは、USB接続のコード。

ちなみに、付属のアトマイザーはワックス用なので、CBDリキッドは使用できません。リキッドの吸引であれば別売りのリキッド用アトマイザーが必要です。

Airis Quaserは510規格ですので、510規格のカートリッジも接続して使用できます。

510規格というのはアトマイザーの規格で、CBDカートリッジもほとんどのものが510規格になっています。510規格のバッテリーとアトマイザーであれば、メーカーなどが異なっていても互換性があるのです。

■CBDカートリッジのおすすめ5選|目的別に最適チョイス■

Airis Quaser(楽天)

Airis Quaserリキッド用アトマイザー

Airis Quaserの充電はここに注意

Airis Quaserの充電はここに注意

Airis Quaserは、バッテリーですので、取り扱いには注意点も。これを知らずに使うと危険性もありますので、しっかり押さえておきましょう。

Airis Quaserの充電は、バッテリー本体の底面にある差し込み口に、付属のUSB充電ケーブルを差し込むだけです。

急速充電アダプターや充電器に要注意

Airis Quaserの充電には、1A以下のアダプターを使用します。

急速充電対応で、2.4Aなどのアダプターや充電器を使用すると、異常な発熱や発火の恐れがあります。

例えば、iPhone用の充電アダプターで5V/1Aのものは問題ありませんが、iPad用のものは2.1Aとなっているので避けてください。

iPad用の充電器でiPhoneを充電するのであれば早くてありがたいのですが、Airis Quaserのバッテリーには負荷となってしまい、危険が伴います。

Airis Quaserのレビューを見ていると、充電によるトラブルの口コミが見られますが、これは充電器が合っていない可能性が高いので、くれぐれもご注意を。

充電前に知っておきたい注意点

Airis Quaserを充電しながらの使用は避けましょう。

充電しながらの吸引使用は、バッテリー本体に大きな負荷が掛かり、故障の原因になります。

CBDワックスを上手に取り入れよう

CBDワックスを上手に取り入れよう

CBDワックスは、とても濃度が高く、キック力もあります。

そのため、初心者向きではありませんが、ナチュラルなCBDを体感したいのであればおすすめです。

■CBDワックス【最強】5選|選ぶ基準は濃度だけじゃない?!■

なぜなら、CBDリキッドはPG(プロピレングリコール)やVG(植物性グリセリン)などで希釈しているものがほとんどだから。人によっては、こうした希釈液にアレルギー反応が出ることもあります。

対して、CBDワックスは、麻の成分をそのまま濃縮したもの。CBD以外の麻の成分も含む、限りなく自然の状態に近い素材感のCBD製品なのです。

CBDワックスは、麻そのものに近い状態で複数の成分摂取が可能であり、相乗効果(アントラージュ効果)を得られるというメリットがあります。

■アントラージュ効果って?期待するならCBD製品はこれを選べ!■

CBDワックスはデバイスが必要というデメリットもありますが、Airis Quaserはアトマイザーの交換もできるので、ワックス以外にCBDリキッドも試すことができます。

510規格のCBDカートリッジであれば、バッテリーにセットするだけで吸引可能。

フレーバーなどが変わっても、カートリッジごと交換なので影響ゼロで手軽にトライできます。

CBDワックスもリキッドも、自分に合った濃度やフレーバーを見つけてリラックスタイムに活用しましょう。

おすすめ商品一覧