CBDワックス【最強】5選|選ぶ基準は濃度だけじゃない?!
特集
2021年12月12日

CBDワックス【最強】5選|選ぶ基準は濃度だけじゃない?!

CBD製品には様々な種類がありますが、その中でもCBD濃度が高いのが「CBDワックス」。CBDリキッドで物足りなさを感じている方、CBD感をしっかりと味わいたい方にピッタリの選択肢と言えるでしょう。

ただ、CBDワックスはいろいろなCBDブランドのものがあり、濃度やフレーバーも様々。どれを選ぼうか迷ってしまう方もいるでしょう。

こちらのページでは、特に「最強」と言えるCBDワックス5つと上手な選び方などについて紹介します。お気に入りのCBDワックスを見つけるための参考にしてください。

最強CBDワックスおすすめ5選!

最強CBDワックスおすすめ5選!

早速、人気の高い最強のCBDワックス5選を見ていきましょう。

Pharmahemp(ファーマヘンプ)「フルスペクトラム CBD ワックス」

Pharma Hempの「フルスペクトラムCBDワックス」のCBD濃度は68%でCBDワックスとしては低めですが、フルスペクトラムによるアントラージュ効果(複数成分による相乗効果)が期待できる配合。

ジェル状で、CBD以外にもCBDV、CBDA、CBGといった成分を含むフルスペクトラムとなっています。

■アントラージュ効果って?期待するならCBD製品はこれを選べ!■

フルスペクトラムというのは、CBD以外にも大麻の成分が複合的に含まれるものを言います。もちろん、日本で違法となるTHCは含まれていません。

Pharma Hempは、世界でもトップレベルの品質を誇るCBDブランドです。Pharma HempのCBD製品は、オーガニックヘンプ使用、農薬不使用、CBD抽出の高度な技術力など、高品質で安全性が高いことから日本でも人気があります。

Pharmahemp 「フルスペクトラム CBD ワックス」(楽天)

+WEED(プラスウィード)「CBDフルスペクトラムワックス100%」

+WEEDのCBDワックスは濃度100%で、こちらもフルスペクトラム。ガツンとしたCBDワックスを求める方におすすめです。

公式サイトには、デバイスもセットでお得な定期購買コースもあります。

+WEEDは日本でもよく知られているCBDブランド。日本国内メーカーの製品ということで安心感があります。

+WEED(プラスウィード) 「CBDフルスペクトラムワックス100%」(公式)

AZTEC(アステカ)「ブロードスペクトラム CBD WAX」

AZTECのCBDワックスは、イギリス産のカンナビノイド使用で濃度90%のフルスペクトラム。

以下の6種類のフレーバーから選べます。

  • ゴッドファーザークッシュ
  • マンゴークッシュ
  • オージークッシュ
  • スキトルズ
  • スーパーレモンヘイズ
  • グランドダディパープル

強いCBD感だけでなく、香りも楽しみたい方におすすめです。

AZTECは、イギリスのCBDメーカーです。質の高いCBD製品を販売していることで、日本国内でも根強い支持を得ています。

AZTEC(アステカ) 「ブロードスペクトラム CBD WAX」(楽天)

CHILLAXY(チラクシー)「CBD ワックス」

CHILLAXYのCBDワックスは、CBD濃度が90%。CBD以外にも、CBG・CBN・CBDVを含むブロードスペクトラムのCBDワックスです。

■ブロードスペクトラムとは?他の種類との違いやメリットなど解説■

フレーバーは以下の3種類から選べます。

  • オージークッシュ
  • マウイワウイ
  • ブルースキットルズ

他のCBDワックスと比較すると、かなりリーズナブルな価格が魅力。

CHILLAXYは、CHILL(まったり)と RELAX(くつろぐ)を合わせたくつろぎの商品を提案する、日本生まれのCBDブランドです。

CHILLAXY(チラクシー) 「CBD ワックス」

VapeMania「和み ディストレート CBD」

VapeManiaのCBDワックス「和み」のCBD濃度は94%です。以前「和み」はCBD以外の麻の成分を含まない、単体のアイソレートタイプだったのですが、パッケージも中身も全面的にリニューアルし、麻のレア成分CBGも含むディスティレートワックスになりました。

ディスティレートというのは、蒸留によってTHCを除きつつ、CBDなど麻の成分をギュッと濃縮する抽出方法になります。

VapeManiaの和みはフレーバーが6種類。

  • OG KUSH
  • SUPER LEMON HAZE
  • MANGO KUSH
  • GHOST TRAIN HAZE×AMNESIA
  • GRAND DADDY PURPLE
  • NATURAL TERPENES

VapeMania公式ページでは、サブスク料金の設定もあります。

VapeManiaは、上野の実店舗の他、通販ショップも運営する日本のCBDショップ。オリジナルのCBD製品や有名メーカーとのコラボ製品なども販売しています。

VapeMania 「和み ディストレート CBD」

CBDワックスの吸引には、ヴェポライザーなどのデバイスが必要ですが、各CBDブランドでデバイスとのセット販売もありますので、持っていない方は各リンク先でチェックしてみてください。

■CBDヴェポライザーの上手な使い方|効果的に吸入するためのコツ■

最強CBDワックスの選び方

最強CBDワックスの選び方

CBDワックスは濃度や形状、フレーバーなど、種類も豊富にあります。お値段もなかなか高価でどれを選ぶか迷いますよね。

そうした中から「自分にとって最強のCBDワックス」を選ぶにはどうしたらいいのか、上手な選び方について解説します。

形状で選ぶ

CBDワックスには、

  • ジェル状
  • シャッター状
  • クランブル状

のものがあります。

シャッターは固形、クランブルは細かく砕かれた固形状のものを指します。

CBDワックスは耳かきのような匙ですくうので、扱いやすいのはジェル状のものでしょう。クランブルやシャッターにジェルを混ぜるといった使い方も可能です。

 

成分で選ぶ

最強ワックス5選のところでも紹介しましたが、CBD製品には、

  • CBDのみを抽出した成分「アイソレート」
  • CBD以外の成分も含まれる「ブロードスペクトラム」や「フルスペクトラム」

といった種類があります。

■ブロードスペクトラムとは?他の種類との違いやメリットなど解説■

アイソレートは、CBDのみを含んでいますので、CBDの効果だけを単体で得られます。

複数の成分を含むフルスペクトラムやブロードスペクトラムは、CBD以外の麻の成分も含むので、よりナチュラルな麻に近いと言えるでしょう。各成分を合わせて摂ることで、アントラージュ効果という、いわゆる相乗効果も期待できます。

■アントラージュ効果って?期待するならCBD製品はこれを選べ!■

濃度ばかりが注目されがちなCBD製品ですが、さらにパワフルに活用したい時は、CBDワックスに限らず、フルスペクトラムやブロードスペクトラムのものをチェックしてみることをおすすめします。

CBD濃度で選ぶ

続いては、CBDワックスの気になる濃度について見ていきましょう。

まず、最初に知っておきたいのは「高濃度=効果が高い」とは限らないということです。

CBDの摂取量というのは、人それぞれ適した濃度が異なります。性別や体格、体質だけでなく、その日の体調でも適量は変わることがあります。アルコールなどと同じですね。

CBD製品を初めて使用する場合は、少しの量から反応を試していくのがベスト。少しずつ増やして、自分にとっての適量を知ることが大事です。

極度に眠くなるなど反応も人によって異なるので、使用時間や場所などにも注意しましょう。

コスパ最強のCBDワックスとは?

コスパ最強のCBDワックスとは?

CBDワックスは、CBD含有率が60~100%と非常に高濃度ですが、価格も1g単位で1万円ほどのコストが掛かります。

ただ、1回の使用量は耳かきのような小さな1匙程度なので、1日の使用回数にもよりますが、1ヶ月から2ヶ月は使えるでしょう。

コスパ最強のCBDワックスを選ぶための第一歩は、何より自分に合った濃度を知ることです。自分の適量を超えてCBDを摂取しても、ピークを超えるとマイナスに作用することが知られています。むやみに高濃度のものを選んでもコスパが悪くなるだけなので、この点も覚えておきたいですね。

フルスペクトラムやブロードスペクトラムのCBDワックスを選ぶことで、CBD単体では得られないアントラージュ効果も期待できます。必ずしも「高濃度が最強とは限らない」ということを把握して、高コスパでCBDワックスを活用しましょう。

■CBDリキッドの高濃度を求める前に知っておきたい適切濃度■

おすすめ商品一覧